ちょっと前回利尻カラーシャンプーについて述べたと思います。今回もジャンル的にはおんなじ。利尻カラーシャンプーと比べると性能や工程使い方、使い勝手は全く違いますが、サンカラーマックスという白髪染めについてもレビューしてみようかなって思いました。(正確にいうと思い出した)
サンカラーマックスというのは、白髪染めクリームとして通常の白髪染めブリーチとほぼ使い勝手はおんなじです。がしかし、性能が全然違います。あと染まる工程ですね。私はこれをちょっと昔に使用していました。実際染まり具合はかなり良い商品なんですよね。ただ注目すべきところは染める上で汚れがほぼなく変な神経を使わなくてよいところ。
これがサンカラーマックスの良い効果や評判の一つです。実際にサンカラーマックスの使い方をカンタンに説明すると「朝サンカラーマックスを白髪染めしたい部分に塗って、夜シャンプーして洗い流して終わり」これだけです。ただこの説明だけ聞いていると白髪染めブリーチと大して変わりませんが、一番うれしいのが白髪染めの液体が飛び散ったりしても通常の商品と比べると色落ちがしやすい。あと使った後の髪の傷み具合。これが全然違います。
染まる工程が通常の白髪染めブリーチの場合だとわかりやすくいうと、髪の毛の細い肉眼では確認できないレベルのキューティクルと呼ばれる部分をこじ開けて色を流し込みます。そのため髪に対してはダメージが強くて使用した後の髪の傷みが酷い。そんな状態になると思います。
使った人ならわかると思いますが、これってけっこう気になるはずです。私もサンカラーマックスを購入した一つの動機はこれに当たります。ただサンカラーマックスを使用してみるとその髪の傷みが全然軽減されます。なぜならキューティクル部分をこじ開けて色染めする工程じゃないからです。詳しくはサンカラーマックスの体験口コミを書かれているサイトみたほうが早いです。私が書いても良いのですが、写真とか説明するのがメンドイ(泣)なので、興味ありの人は見てください。私もいつかこの辺はレビューしてみよっかなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA